FANDOM


説明文を入れてください。

あらすじ(公式)編集

「見られている……っ!むくつけき男たちが私の肌を見て興奮している!」

宴会芸の習得に精を出す駄女神のアークプリーストに、 1日1発しか爆裂魔法を撃てない残念なアークウィザード、幸運だけが取り柄の自分……。 そんなダメダメなパーティが編成されつつあることに失望を覚えるカズマ。

失望感冷めやまぬところにパーティ入りを熱望してきたのは、力と耐久力はあるが、 攻撃がまったく当たらないと自負するクルセイダーのダクネスだった。

粘液まみれのドロドロになるような辱めを「私も…!」と望むドMっぷり。 「こいつも性能だけでなく中身までダメな系」と悟ったカズマは、 ダクネスの加入を阻止したいと願うのだが……。

次回予告編集

学校の先生。
僕は今、異世界で学んでいます。
社会の仕組みを、人間というものを、生きるということを。
ここで起きる素晴らしい出来事の何もかもが自分を成長させてくれているんだと、感謝しています。
ありがたすぎて涙が出てきます。
枕を涙で濡らさなかった夜はありません。
いや良い意味で、良い意味でですよ?

この素晴らしい世界に祝福を! 第4話 次回予告00:24

この素晴らしい世界に祝福を! 第4話 次回予告

小ネタ編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki